多くの女性が悩んでいる胸の大きさ。胸が大きくならないと思って諦めている人も多いと思います。しかし、胸を大きくする方法はあります!これから紹介するバストアップの方法を見て実践して見てください!

胸が垂れる原因はクーパー靭帯にあった!

胸は、乳腺(母乳を作る)・脂肪組織(乳腺を保護する)・大胸筋(土台)・小胸筋(胸周りの筋肉を支える)クーパー靭帯などがお互いに作用し合って構成されています。
その約9割が脂肪ということで胸は柔らかく、そのものには筋肉は存在しません。
大胸筋がその代わりを担い、土台となって全体を支え、クーパー靭帯というコラーゲン繊維組織がバストの重みを支えています。
これが胸を形作っている構造です。

胸が垂れる原因は、一言で言うとクーパー靭帯が伸びることにあります。
第二次性徴期後の10代後半~20代前半頃に膨らみを増してくるバストは、その後加齢に比例して乳腺が発達しなくなっていき、皮下脂肪が占める割合が増えることによってバスト自体の重みが増え、クーパー靭帯が伸びてしまうことになります。
これは加齢や重力だけでなく、妊娠・出産というイベントによるバストサイズの変化によっても引き起こされる現象です。

他にも、アスリートなど激しい運動が原因となってクーパー靭帯が切れ、バストが垂れることもあります。
一度伸びたクーパー靭帯は元通りの状態まで戻すことは非常に難しくて、もし切れてしまったら修復は不可能となります。
また、強く揉むことも良くありません。
揉むことで女性ホルモン分泌の活性化も考えられますが、クーパー靭帯が伸びてしまうリスクもあります。

胸は女性ホルモンのエストロゲンの働きによって、その美しさと機能を保っています。
バストのハリと乳腺の発達という女性本来の機能の促進は、エストロゲン分泌が減少するとそれに比例してハリが失われていきます。
女性は加齢に伴って老化現象として自然にエストロゲンが減少していきますが、他にも生活習慣の乱れ・現代病と言われるストレスなどが原因となって女性ホルモンのバランスが乱れると、エストロゲン減少に繋がってしまいます。

クーパー靭帯の伸び・切れ、女性ホルモンであるエストロゲンの減少などがバストの垂れる直接の原因ではありますが、大胸筋・小胸筋など胸を支えている筋肉の衰えが間接的な原因となっていることも覚えておきたいポイントです。
これらの筋肉の機能がうまくいっていないとバスト周辺の血の巡りが悪くなり、酸素や栄養素がバストに行き届かなくなってしまい、肌のハリが無くなり胸が垂れることになります。

クーパー靭帯が切れるのを予防する方法とは

コラーゲン繊維であるクーパー靭帯が切れるのを予防するための対策は、クーパー靭帯への負担を減らすことです。
具体的な予防策としてすぐにでも実行できるのは、ブラの着用時間を今までよりも長くすることです。
ブラを付けて胸を支えることにより、クーパー靭帯への負担が減ります。
家の中ではリラックスしたいという人には、締め付け感が少ないナイトブラをおすすめします。
心理的なストレスもなくなり、続けやすくなります。

運動時には胸が揺れますので、日常生活での動きに比べクーパー靭帯への負担も増えます。
運動するときはスポーツブラもしくはナイトブラなどを着用しましょう。
これらは普通のブラと違い、アンダーベルトに太めで伸縮性のある布地を使っていますので、激しい動きに沿って密着したままバストの垂れ防止に効果を発揮します。
また、カップも大きめで脇下部分が広いため、バストの横流れ予防にもなります。
ナイトブラが睡眠時にも良い評判なのも、横流れ防止効果があるからです。

クーパー靭帯の伸び・切れ予防対策で有効なものとして、大胸筋と小胸筋の筋トレもあげられます。
これらを鍛えることにより、クーパー靭帯を補助するということになります。
大胸筋はバストのベースとなっていて、小胸筋はその裏側に位置していて肩甲骨と肋骨と繋がってバストを吊り上げています。
これらを鍛えるとハリのある美しいバストを保つことができますが、鍛え過ぎると脂肪が筋肉へとなりせっかくの女性らしい柔らかさがなくなって固いバストになりますので注意しましょう。

妊娠・出産・授乳時に変化するバストサイズに合わせて、ブラサイズも変更すると、きちんとサポートしてくれます。
重力の影響を考えると、姿勢を良く保つことも胸の垂れ予防に効果があります。