多くの女性が悩んでいる胸の大きさ。胸が大きくならないと思って諦めている人も多いと思います。しかし、胸を大きくする方法はあります!これから紹介するバストアップの方法を見て実践して見てください!

胸が大きい人に共通している特徴とは!?

大きくてハリのある胸は多くの女性の憧れの的ですが、実は胸が大きい人には共通している特徴があったのです。
では、胸が大きい人の共通している特徴というのはどのような部分なのでしょうか見ていきましょう。

まず胸が大きい人はホルモン分泌量が多い傾向にあります。
女性ホルモンには大きく分けて2つの種類がありますが、そのうちの1つであるエストロゲンの働きが胸の大きさに大きく関係していることが分かっています。

女性は男性に比べて体が柔らかくふっくらとした印象を受けるかもしれませんが、これは女性ホルモンの一種であるエストロゲンの影響によるものです。
その為、エストロゲンと呼ばれるホルモン分泌量が多いとバストアップに重要な乳腺が発達して大きくすることにつながります。

また胸は約9割を皮下脂肪でできていますが、このように9割が皮下脂肪でできていることからも分かる通り、バストアップの為には皮下脂肪の量が重要となっています。
例えば太っている人は胸が大きい人が多く、逆に痩せ型の女性は胸が小さい傾向にありますが、これは体全体の皮下脂肪の量が胸の皮下脂肪の量と比例していることによるものだという事です。

胸は9割が皮下脂肪だとお伝えしましたが、残りの10%は乳腺によってできています。
その為胸が大きい人は乳腺の発達が十分にしている傾向にあります。
逆に乳腺の発達が不十分だと、胸が小さくなる傾向があり、加えて垂れてしまう恐れも出てきます。

皮下脂肪が多かったとしても、この乳腺の発達が不十分になると胸が垂れてしまいますので、そうなると胸は小さく見えてしまいます。
ですので、胸が小さいからと言って、単純に太れば良いという訳ではなく、大切なことはしっかりと女性ホルモンの分泌量を増やして乳腺を発達させながら、皮下脂肪を付けるという事です。

しかし、このような体質のことを言うと、遺伝によるものが大きいのではと考える方も多いかもしれませんが、実はこれらの要因は遺伝よりも生活習慣が強く影響していることが分かっています。

遺伝子よりも思春期の生活習慣が重要だった!

胸の大きさは体質によるものが大きいことはお伝えをしましたが、体質と言ってもそれは遺伝によるものではなく生活習慣によるものが大きいことが分かっています。
また生活習慣と言っても、特に思春期における生活習慣が大きく関わっています。

まず食事ですが、大きい人は成長期である思春期にバストアップに効果的なたんぱく質や脂質、ビタミンミネラルなどをバランス良く摂取しています。
また食事の量も適切な量を摂取していて、暴飲暴食はもちろんですが、食が細い場合も成長を妨げる要因となっています。

大切なことはたんぱく質や脂質など、胸を構成している栄養素をしっかりと摂取しながら、尚且つ食べすぎないように心掛けることです。

次にストレスも大きな要因の一つで、ストレスが溜まると、交感神経を刺激してしまいエストロゲンの分泌を妨げます。
エストロゲンはバストアップに欠かすことのできないホルモンですので、分泌量が減ると、それだけ胸の成長もストップしてしまいます。

逆にストレスコントロールが上手な方は、女性ホルモンの分泌が正常にされますので、女性らしいふっくらとした体つきを手に入れる事ができるようになっています。
また胸が大きい人は日頃から適度な運動を行っている人が多く、運動をすることで体の代謝が上がったり血液の流れも良くなりますので、バストアップにつながるようです。

逆に運動不足になると体の体温が下がってしまいますが、体温が下がっているという事は代謝も悪く、血流も悪いので胸に必要な栄養素がしっかりと届けられない可能性があります。
実際に小さい方の特徴の一つに冷え性があり、冷え性の方は血流が悪く、体の隅々まで栄養が届けられない傾向にあります。

これを改善する為にも適度な運動をして、基礎体温を高めることがバストアップには非常に重要ですので、食生活やストレスケアに加えて適度な運動を心掛けるようにしてください。